ですので腎臓病患者用の低タンパク米を使ったり専用の特殊食品を使うのとしてタンパク質を減らします。

そうすることで動物のタンパク質を摂る量が増えて体にとってプラスです。

そして大好きな物はなるべく減らさないようにするという方法もあります。

トータルのタンパク質を経ればいいのですから大好きな料理があるならそれは食べて他でタンパク質を制限すればいいのです。

慢性腎臓病ckdのQ&A

慢性腎臓病とは慢性的に悪くなっていく腎臓の病気のことで、腎炎や慢性糸球体腎炎糖尿病性腎症腎硬化症などが含まれています。

これはckdまとめてひとくくりにして言われています。

最近慢性腎臓病の人が増えていて人工透析を受ける人が右肩上がりに増加しています。

腎機能が低下すると腎機能の障害だけでなく脳梗塞などのリスクが高まりますので注意が必要だと言われています。

最近は8人に1人が慢性腎臓病の予備軍だと言われています。

それくらい身近な病気です。

慢性腎臓病の発症リスクが高い人

慢性腎臓病になりやすい人は家族に慢性腎臓病になった人がいる場合は太っている場合メタボリックシンドロームの方などです。

腎臓病がなぜ増えているかという事ですが、
これは生活習慣が欧米化してしまったこと糖尿病や高血圧が増えていること
お年寄りが増えていることなどが主な原因とされています。

Ckdは治らない
ckdは残念ながら治る病気ではありません。

濾過機能がなくなってしまった腎臓の機能はcopdと同じように回復することができません。

ですので悪化を防ぐというのは治療のポイントとなります。

それで最近では早期発見のために生活習慣病予防チェックなどが行われています。

慢性腎臓病の方のためのレシピ
特集慢性腎臓用の方は病気の進行を遅くするために生活習慣を見直すことそして食事療法を確実に実践していくことが必要です。

食事療法の基本はたんぱく質を控えて原子エネルギーをしっかりとることです。

それに加えてんやカリウムを含む物を減らすようにします。

しかしタンパク質を減らすリンを減らすと言われても、実際にどういうことをしていいかわかりません。

そこでこのページでは肉料理から魚料理野菜料理までタンパク質やリンやカリウムを減らすのに良い料理のレシピを紹介しますので参考にしてみてください

豚の角煮
豚の角煮は豚のバラ肉で作ります。

バラ肉は脂が多くてタンパク質が少ないので腎臓病のかたにとって良い食べ物です。

それ以外に油をたっぷり使っているビーフシチューや豚肉のロースの生姜焼き牛肉のしぐれ煮ステーキなどが脂肪が多くてタンパク質が少なく良いものとなっています。

それ以外に他の食べ物と混ぜ合わせてたくさんの量に見せることができるロールキャベツやハンバーグ春巻きなどタンパク質を減らすことができます。

タンパク質が少ない魚料理

魚はそのまま食べる事がありタンパク質減らすことが難しいですが必要なアミノ酸スコアの高いタンパク質を取るためにはやはり魚も食べないといけません。

魚を食べる時に注意するのはタンパク質と塩分の多さですしお酒などは塩分が多くて腎臓病に良くないです。

そこで甘い味噌煮にしたり粕漬にしたり照り焼きにすることなどによってのみで塩分の量を抑えられるようにします。

カリウムが少ない野菜
料理野菜はカリウムが少なく腎臓病があるとあまりとってはいけない食品ですが茹で方やり方を調節することでカリウムを体外落とすことができて腎臓病があっても食べられるようにします。

そしてリンとカリウムが少ない食品を使えば野菜料理も食べられます。

参考サイト:高齢者宅配弁当.com

一例を紹介するとキャベツの昆布和え
マカロニサラダ春雨サラダ大根の甘酢
生姜筍の煮物茹でた野菜などです。

ごはんと主菜のたんぱく質を減らすために
ご飯のたんぱく質を減らすには低タンパク米を使います。

それ以外にチャーハンにしたりすると魚の餌肉の量が少ないのも気にならなくなり良いです。

腎臓病
腎臓とはタンパク質を分解することでできた老廃物などを体から排出するために必要な動機で日々血液をろ過してナトリウムやクレアチニンなど夫婦して放出しています

体に必要なものは再吸収してくれることから腎臓が悪くなると赤血球がように混ざって排泄されてしまったりタンパク質が大量に流れてしまったりします。

 

フラボノイドの効果は抗酸化作用などで動画の防止アンチエイジングや動脈硬化の防止などに効果があります。

そして最近噂されているビタミンbという質問フラボノイドのひとつでしかし物質の作用からビタミンに分類するのは正しくなくフラボノイドに分類されています。

トリプトファンファンは精神の安定揚琴2に効果がある天然の薬とも言われている成分でタンパク質を構成するアミノ酸の人って牛乳の中から発見されました。

体内ではタンパク質を作るのに使われて余った分は腎臓などで分解されてエネルギーとして使われています。

トリプトファンはさらに脳に運ばれるとセロトニンやノルアドレナリンドーパミンといった神経伝達物質を作ることになります。

腎臓病食宅配サービス