急性腎不全急性腎不全というのはタンパク質を分解して起こる老廃物を排泄することができなくなる状態で一時的にそのような状態になる場合をいいます。

これは治る可能性がある病気なのですが、一部が慢性腎炎に移行します。

急性腎不全には3つの種類の原因が考えられます。

まず腎症以前に起こるもの例えば出血性ショックや心不全など全身の病気で起こる場合

そして腎臓が原因のもの腎臓が原因のものというのは糸球体や尿細管などにトラブルが起こっていて起こるもの

そして腎臓では問題ないけれど尿が排泄される段階でトラブルになるもの

例えば尿路結石や前立腺肥大などが原因で起こるものが挙げられます。

主な症状と検査方法急性腎炎は急性期から回復期へと移行していきます。

しかし最初は10日から14日は尿の量が減少する状態です。

1日400ccイカの廃業になってしまう場合もあります。

し無料と呼ばれる100cc化の状態になることもあります。

おしっこが濁ってしまったりたんぱく質が出るなどの症状が起こることもあればむくみが起こって体重がどんどん増えていく消化器官例えば野鳥が出血などの症状も出ます。

はっきりがすることもあります。

さらに重症になると息が苦しくなったり傾眠になってしまってゆすり起こさないと眠ってしまう状態になることがあります。

それぞれの地域における症状を紹介します。

まずおしっこが増える時期1日2リットル以上のおしっこが出ることがあります。

そして回復期にはおしっこの量が普通になります。

普通の量というのは1500ccくらいのことです。

最初の時期に尿が溜まって体がむくみますが、それが全部解消された状態です。

食事療法の方法人工透析をしている方はそれほど厳しい制限はないのですが、しかしやはり食事制限は非常に大切なものです。

エネルギーをしっかりとってエネルギーの大部分をタンパク質ではなく糖質や脂質から取るということタンパク質を1日5g以下に制限するという激しい制限そして塩分を1日3グラム以下に制限すること糖質と脂質を多めにとってカロリーを補うこと水分を1日400cc制限することカリウムを1日1g以下に制限することカリウムというのはたんぱく質の摂りすぎとカロリー不足で起きることが多いものです。

そして芋類や野菜などのようなカリウムを多く含む食べ物を食べることが原因で起こることもあります。

慢性腎不全

慢性腎不全の症状と判断基準慢性腎不全というのは腎臓の病気が段々と進行してくることでだんだんと腎機能が低下して起こる病気です。

原因になる疾患は様々にあるのですが、一番ひどい症状としては尿毒症昏睡などが挙げられます。

慢性腎炎の判断基準としてはクレアチンの濃度が2mg以上になること尿素窒素が30mg以上になってしまうこと誰でも慢性腎炎というのは発症するリスクがあるものであり若い人からお年寄りまで様々な原因で発症します。

特に腎硬化症や糖尿病性腎症などから発することが多いです。

しかし年齢によって発症する原因には違いがあり若い人では慢性腎不全糸球体腎炎などで起こることが多いものですが、高齢者の場合は糖尿病性腎症家賃硬化症慢性腎盂腎炎などで起こることが多いです。

腎臓の糸球体という尿をろ過する機能は一度ダメになってしまうと回復は難しいといわれています。

ですので、一回悪くしてしまった症状は元に戻らないと考えていいでしょう。

それでだんだんと悪くなっていって透析療法が必要になることがあります。

さらに腎移植を希望する人もいます。

人工透析人工透析とは体以外の部分で腎臓の役割を担ってもらうためのもので血液の老廃物を排除してくれる装置です。

どんなときに人工透析が必要になるのでしょうか。

まずおしっこが1日中出ていない状態が3日以上続いている時そうすると体にどんどん水が溜まって生命が危険になるため人工透析を行います。