それ以外ループ系利尿薬で効果がない場合それ以外に尿素窒素が100ミリ以上になってしまった時尿毒症で意識が混濁している時などに治療を行います。

慢性腎不全の場合はどうでしょうか。

慢性腎不全の場合では同じような症状が出ている時に人工透析を始めますが、水を取りすぎた場合やおしっこが出なくなる状態が続いている時尿素窒素は非常に多い時などに行います。

人工透析には血液透析と腹膜透析という二つの種類があります。

腹膜透析というのは

腹膜を使っておしっこの中の毒物を取り除く方法で腹膜カテーテルを入れて行います。

慢性腎不全の症状慢性腎不全の症状は手が震える意識障害が起こる呼吸がしにくい咳が出る息が苦しい高血圧になっている貧血になっているといった様々な症状が起こります。

それ以外に皮膚が色素沈着する口臭がおしっこの匂いなるといった様々なトラブルが起こります。

食事療法の方法慢性腎臓病では食事療法としてまずタンパク質を制限します。

しかしカロリーはしっかり取らないといけません。

たんぱく質は人によって量が違うのですが、1kgあたり0.5gから0.8グラムを取ることになっています。

塩分は8グラム以下に制限されて糖質はたっぷり350g程度撮ります。

水が650cc程度に抑えられます。

水が多い料理はあまり食べない方がいいでしょう。

そして水が多くてカリウムが多い野菜もあまり良くありません。

煮物や汁物というものは水が多いものです。

ですので、フライにしたり炒めるなどして吹部同じを取らないように工夫します。

糖質と脂質は重要なエネルギー源になります。

ですので、しっかりと雨や砂糖などを使ってカロリーを取るようにします。

正しい肉の脂をたくさんとっていいというわけではなく植物性の身体に良い油をとったほうがいいでしょう。

生の野菜にはカリウムがたくさん含まれています。ですので、生の野菜や果物は食べないことにします。

特にカリウムというのは高カリウム血症として直接死因になってしまうのです。

タンパク質を上手に撮ることがリンの摂取量を制限することになります。

銀河たくさん含まれているものは食べないでします。

例えば肉や魚乳製品などリンが多くて塩分も多いことが多いです。

エネルギーはできるだけたくさん取ることが必要です。場合によってはブドウ糖でカロリーをとることもあります。

尿路疾患尿路疾患っていうのは尿路感染症や結石症が挙げられます。腎盂尿路の上にあるものですが、膀胱は尿路の下にあるものです。

腎盂炎と膀胱炎というのは尿路感染症としてひとくくりにして扱われています。

尿路感染症は

慢性のものと急性のものがあります。

急性のものは外部から雑菌が入り尿路を通して感染するもので女性に多いです。

そしておしっこが通らなくなる通過障害や膀胱からの逆流現象が起こっている場合には急性腎盂炎の症状は何度も繰り返してだんだんと慢性的になっていくものが良いものです。

原因となる菌にはブドウ球菌や大腸菌といったよく見られる金が原因となっています。

それ以外に化学薬品で起こることもまれにあります。

慢性になってしまうとなかなか治らなくなってくるものが多いものです。

症状してはまず熱が高くなって38度から39度の高熱が出ることがあります。

心臓が痛くなってチクチクと痛みます。

そしておしっこをしているときにズキズキとする痛みが生じ何もしなくてもだんだんとか腹部が痛んできます。

そしておしっこが白く濁っています。必要な検査方法としては尿検査を行います。

そして尿の中に細菌がたくさんいるということで診断を行います。

結石症尿路結石というのは

腎臓や尿管そして膀胱などに結石ができることをトータルしていうものであっておしっこが出にくくなったりカルシウムが代謝異常になるなどの症状が現れます。

よくいわれている結石症の痛みは激痛です。

痛みを繰り返すので発作性の激痛だといわれています。

そして血尿が出たり結石が実際に排出されたりすることもあります。

結石ができやすい食事として肉類に頼ると尿酸値が上がって血液が酸性になり結石ができることが多くなります。

尿量を1リットルから1.5リットルに保ってバランスのとれた食事をすることが予防方法です。