腎臓病食品交換表の使い方表ということを聞いたことがあるでしょうか。

タンパク質を含む食品とタンパク質を含まない食品の二つの種類があります。

これを上手に使うことで腎臓の食事療法を簡単に行うことができるようになっています。

たんぱく質が含まれているものとタンパク質が含まれていなくて糖質や脂質が多く含まれているものでエネルギーになるものというもの判別することができます。

今日の1は主食などとして毎日たくさん食べることができるものです。

例えばご飯などが挙げられます。

そして2番目が食べる量が少なくても毎日食べた方が良いもの例えば果物や芋類などそして3番目はタンパク質エネルギーが低くておかずとして食べやすいもの野菜類などそしてたんぱく質が多く含まれているものが4番目の種類当たります。

だいじや肴肉などがそれに入ります。

5番目がタンパク質を含まないものです。

砂糖はもちろんですし、甘味料やジャムもその中に入ります。

6番目は脂分です。

脂分はエネルギー源になって5番目と同じように利用しやすい食品です。

ジュースもその中に入ります。

 

1単位はタンパク質3グラム

食品交換のようになっているのは1単位で3グラムのタンパク質は含まれています。

そして同じ表の中に入ってる物は同じぐらいのタンパク質を取れるということでそれぞれを入れ替えることができるので食品交換表という名前が付いています。

例えばご飯は120グラムで3グラムのタンパク質を含むため120グラムのご飯は1単位ということになります。

食パンというのは40グラムでタンパク質は3グラム含まれているので40グラムの食パンが1単位です。

つまりタンパク質を取るためにはご飯120gと食パン40gどちらをとってもよいということになります。

そして5番目と6番目はタンパク質を含まない食品などで食品交換表という風に交換するのではなく100kcalを一つの単位として食べるようにします。

 

つまり1番から4番がタンパク質を含んだ食品

一番と二番は1台あたりが150キロカロリーなっていて3番と4番が50キロカロリーと30キロカロリーになっています。

そして5番と6番はタンパク質を含まない食事不足エネルギーを補うものとして重宝します。

これらはたんぱく質がないので体位交換表で交換することはできません。

この表に入っていない食品はあります。

例えばこんにゃくやキノコなどこれらは別の表として記載されています。

しかしタンパク質が入っていないからといってもやめたぶちわけじゃなくカリウムや塩分入っていることがあるので管理栄養士さんの指示に従って使った方が安全です。

そして巻末には士郎用特殊食品というものがあっておやつを食べるために利用されているお菓子の類や腎臓病の型専用に作られている治療用の特殊食品などが書いてあるのでそれを使うと食事療法が簡単になります。

 

腎臓病食品交換表の使い方

腎臓病食品交換表をパッド手渡しされたところでどうやって使っていいかわかる人は少ないと思います。

まずお医者さんからどのような食事基準が必要かどうか知りされた時にこの食品交換表を使ってどんな風に食事療法をやって行けば良いのか紹介しますので、参考にしてみてください。

例えばタンパク質を40gカロリーを1600キロカロリーとるようにいわれたとします。

そうするとたんぱく質40gがいくつの単位であるか計算します。

タンパク質は3グラムで1単位ですので、14を3で割ると13単位ということになりますね。

つまり表1番目から4番目の間で13歳の食べ物を食べて良いということになります。

しかしカロリーを1番から4番で補うことはできないので5番と6番から残りのエネルギーを補うことになりますし、げされたタンパク質の取り方しりされたタンパク質を摂り方としてはまずタンパク質の1/3を視力から取るようにします。

就職というのはご飯などのことでご飯一杯にはたんぱく質は1単位含まれていますので、これを1単位と考えます。

腎不全の場合にはもっと厳しい制限がかかることがあります。

そうするとご飯を朝食いっぱい夜に2杯食べることになります。

そうすることでエネルギーを420キロカロリーとることができるということになっています。

次に果物や芋類などから単位を取ります。

まず1単位が果物などは0.3単位でタンパク質1gという風に考えることが出来例えばバナナを食べると270gのバナナで230キロカロリーになります。

そうすると1/3の90gのバナナで約80キロカロリーたんぱく質が0.3グラムになります。

おかずになるものは山パンや4番から撮ることができます。

野菜もたんぱく質が少ないですが、カリウムなどが含まれているので別の注意が必要ですが、摂取するカロリーの1単位の平均エネルギーが50歳にということを考えて生である野菜は3分の1の単位の量で50キロカロリーと考えるようにします。

そして一番から4単位に番と3番で1.3単位とって残りを4の表取ることになります。

これは主菜ともいわれている肉や魚などのたんぱく質が入っているものです。

だいたい朝食で2単位昼ご飯で簡単夜ご飯で3単位という風に配分すると丁度良くなります。