それで血液中の塩分を外に出してくれる働きがあります。

カリウムはトマトやほうれん草やじゃがいもやさつまいもなどに多く含まれていて果物や野菜を食べるば大抵たくさん取ることができますので、減塩に野菜をたくさん取り入れたら良いと言われているなこの辺りからです。

そして牛乳にはカルシウムが含まれていてこれもナトリウムの排泄に関わってきます。

玉ねぎの硫酸アリル

高血圧に良いと言われている成分は他にもあります。

例えば硫酸アリルそして、大豆に含まれている植物性タンパク質えんどう豆は漢方的にも効果があると言われています。

そして食物繊維も軽視してはならない成分です。

食物繊維は塩分を体の外に排出してくれる効果があると言われて血圧の上がるのを防いでくれます。

入っているのは赤身や昆布などの海藻類や果物類などに多いです。

食物繊維が含まれている食品は玉ねぎがあります。

が玉ねぎには硫酸アリルが含まれていてこれも高血圧に有効です。

さらに血液の塊音がしてサラサラにしてくれる成分が入っていますので、玉ねぎは加熱して食べるのではなく生で食べることが必要です。

高血圧が動脈硬化を悪化させるてなそれほど紹介しましたが、動脈硬化を予防するにはリンゴイチジクなどの食物繊維の一種であるペクチンという成分をとるといいと言われています。

そして血管を丈夫にすることも必要です。

血管を丈夫にするにはやはり動物性の良質のたんぱく質をとることが必要です。

食物植物に含まれているタンパク質はアミノ酸スコアは低く有効利用される確率が低いので脂身の少ないタンパク質などでタンパク質を摂るのは大切です。

腎臓病食の低たんぱく食宅配


高脂血症を予防する食べ物

高脂血症予防するには食物繊維が不飽和脂肪酸を積極的に食べることが必要です。

高脂血症というのは現代では脂質異常症とも言われていて脂質の代謝が異常になる病気です。

自覚症状がないまま進行して動脈硬化や心筋梗塞の名のもとになり成人病の中止になっている病気です。

脂質にはトリグリセリドコレステロールリン脂質などの4種類の脂質がありますがコレステロールは骨格を作ってホルモンなどのもとにもなりますので、0ではいけません。

トリグリセリドは皮下脂肪などに蓄えられているエネルギーとして使われます。

リン脂質は細胞膜の表面を作る材料になって必須脂肪酸で補わないといけません。

この4つの子その中で一つでも普通の値より高いものがあればそれを脂質異常高脂血症だと言います。

高脂血症の原因はいろいろありますが食事が原因の環境の要因や遺伝子の原因になる遺伝子が要因そして、肥満や糖尿病などの疾患で起こる症状としても脂質異常症は怒ります。

脂質異常症

は最初は自覚症状がありません。

それで検査を受けたじめて脂質異常症であることがわかります。

そして知らないままそのままにしておくと動脈硬化や狭心症が悪化し心筋梗塞や大動脈瘤などを引き起こすこととなってしまいます。